自作名刺の良し悪し

未分類

名刺は業者に依頼して作成する方法だけでなく、自分で作成する方法もあります。名刺用紙が販売されており、ネット通販での購入も可能です。必要な環境はパソコン、プリンタ、名刺作成ソフト、名刺用紙です。

名刺を自作するメリットは、お金をかけずに作ることが可能な点です。白い用紙に黒い文字だけのようなシンプルな名刺であれば、インクのコストも大してかかりません。用紙も100枚で500円以下など、質にこだわらなければ安価なものが手に入ります。台紙からはがすタイプでミシン目に比べて切り口がなめらかなものや、透明の用紙などもあります。また、業者にお願いする場合は少ない枚数での注文には対応していなかったり、対応可能でも大量発注より単価が高くなったりしますが、名刺用紙1枚で10枚の名刺の作成が可能など、必要ないのに大量発注するお金の無駄を省けます。そのほか、作成ソフトも無料のもの、ホームページ上で操作可能でインストール不要のものがあり、デザイン豊富なテンプレートが用意されており、初心者でも簡単に作成することが可能で、何種類でも作成できます。

ただ、紙の質がよくないとペラペラで、印刷品質もプリンタの性能やインクの品質に左右されます。無料ソフトで用意されているデザインのテンプレートでは、オリジナリティに欠けていたり安っぽかったりして、気に入らないと思う人もいるでしょう。ソフトの扱い自体も、この手のソフトを触ったことがない人は特に、レイアウトを決めたり文字を入力したりする作業、プリンタの設定で苦戦し、作成するために長い時間がかかったり、挫折したりする人もなかにはいるでしょう。