低価格で作成できる

未分類

高品質な名刺でも、低価格で販売している名刺作成サービスは多いです。片面カラーで100枚1,000~1,500円が相場とされ、特に安いところでは100枚で300円程度で購入可能なところもあります。業者は高いと思っている人もいるでしょうが、自作するのと大差がないか、自作するより安上がりになることさえあるのです。デザインや用紙、加工法にまでこだわるとかかるお金は高くなりますが、業者に依頼する場合でも安さを追求することはできます。まとめ買いで単価を下げてくれる業者は多く、同じ名刺のリピート購入でのディスカウントや、ネット通販での送料が無料になるところもあります。このように、必ずしも業者は高いとは限らないのが現状です。また、業者に依頼するということは、自分でイラスト系のソフトを使用するなどして名刺を作成する時間や手間、プリンタやインクなど必要な環境を用意し、維持していくためのコストがかかりません。

そのほか、名刺にお金をかけたことが、結果的には安上がりになることもあります。たとえば、人とは違う名刺が話が盛り上がるきっかけとなり、その後のビジネスに繋がったという話はよくあります。名刺にこだわるとそのためのお金はかかりますが、そのようなことが問題にならないぐらいの大きな利益を得られる可能性があります。

用紙・加工法が豊富

未分類

名刺作成サービスでは、豊富な種類の用紙のなかから、好みのものを選択することが可能です。自作では安っぽいペラペラな質感、紙や印刷の耐久性も低くなりがちですが、業者では重厚感があり耐久性に優れている用紙での作成も可能です。また、半透明、縦折り・横折り、メタリックパール、和紙、UVコートなどの特殊コートをほどこした用紙での作成も可能です。

また、加工法の種類が数多くあるのも、名刺作成サービスを利用するメリットのひとつです。全角や2角を丸く加工を行なう角丸、指定箇所の切抜きや変形カット、企業名や氏名、ロゴマーク、柄などを立体的に浮き上がらせる型押し、反対にへこませる空押し、金・銀などの特色インクの使用、規格外サイズでの裁断、指定箇所にミシン目を入れるなど、さまざまな加工を名刺にほどこすことができるのです。

用紙や加工法が豊富にあることにより、人とは違った名刺を作成したい、高品質な名刺を作成したいという人は満足感を得やすいでしょう。なお、取り扱いのある用紙や加工法の種類は、名刺作成業者によって違いがあります。どういう用紙や加工法が用意されているかは業者のホームページで確認することが可能ですので、比較して好みのものがあるところを候補にしましょう。

デザインが豊富

未分類

名刺を自作するデメリットが気になる人は、名刺作成サービスの利用をおすすめします。業者に名刺作成を依頼するメリットのひとつとしては、テンプレートが豊富な点をあげることができます。自作用のテンプレートはインターネット上で無料で公開されていたり、無料の名刺作成ソフトに多数収録されていたりしますが、名刺作成業者でもたくさんのテンプレートを用意してくれています。自前のデザインのデータを入稿しなければ、名刺作成を請け負ってくれないということは、まずありません。

ビジネス用、プライベート用など、さまざまなシーンに合うサンプルを見やすいように掲載している業者のホームページもあります。多くの業者のホームページをのぞいてみて、お気に入りのデザインを取り扱っている名刺作成業者を候補にしましょう。

また、既存のデザインのなかに、イマイチいいものがないと不満に感じる人もいるでしょう。そのような場合には、オリジナルの名刺デザインの作成に対応してくれる業者を候補にしましょう。お金は既存のデザインでの名刺作成より割高になりますが、要望を伝えることにより、それに合ったデザインの名刺を提案してくれます。オリジナルの名刺デザインの業者を選ぶ際には、過去の実績をチェックしてみると、自分のイメージに近いものを作成してくれそうかどうかを判断するのに役立ちます。

自作名刺の良し悪し

未分類

名刺は業者に依頼して作成する方法だけでなく、自分で作成する方法もあります。名刺用紙が販売されており、ネット通販での購入も可能です。必要な環境はパソコン、プリンタ、名刺作成ソフト、名刺用紙です。

名刺を自作するメリットは、お金をかけずに作ることが可能な点です。白い用紙に黒い文字だけのようなシンプルな名刺であれば、インクのコストも大してかかりません。用紙も100枚で500円以下など、質にこだわらなければ安価なものが手に入ります。台紙からはがすタイプでミシン目に比べて切り口がなめらかなものや、透明の用紙などもあります。また、業者にお願いする場合は少ない枚数での注文には対応していなかったり、対応可能でも大量発注より単価が高くなったりしますが、名刺用紙1枚で10枚の名刺の作成が可能など、必要ないのに大量発注するお金の無駄を省けます。そのほか、作成ソフトも無料のもの、ホームページ上で操作可能でインストール不要のものがあり、デザイン豊富なテンプレートが用意されており、初心者でも簡単に作成することが可能で、何種類でも作成できます。

ただ、紙の質がよくないとペラペラで、印刷品質もプリンタの性能やインクの品質に左右されます。無料ソフトで用意されているデザインのテンプレートでは、オリジナリティに欠けていたり安っぽかったりして、気に入らないと思う人もいるでしょう。ソフトの扱い自体も、この手のソフトを触ったことがない人は特に、レイアウトを決めたり文字を入力したりする作業、プリンタの設定で苦戦し、作成するために長い時間がかかったり、挫折したりする人もなかにはいるでしょう。